blog index

国字と異体字のブログ(ブログ 和製漢字の辞典JUGEM別館)

 yaplogで作ったが、2,000字制限にかかり不便であるため、こちらに移行することにした。

 元となった「和製漢字の辞典」は、最大の国字の辞典として、知るひとぞ知る存在で、累計約150万アクセスあるが、5年以上改訂しておらず、かつ素人向きではないので、ブログ化し、素人向きにしたものである。

 なお、yaplogとの差別化のため、異体字も取り扱うこととした。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
《39》国字は、純日本製漢字だ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛県14です。1位から9位も私のブログです。


86位です。クリックして、応援いただけると幸いです。
人気blogランキング
7位の「名まえ漢字と名付けお助けブログ」も私のブログです。



14位です。1位non四字熟語のブログ、2位の名前漢字と名付けお助けブログなど5位までのすべてが私のブログです。


 他のブログのために書いたものですが、こちらのブログの読者に読んでもらうほうがよりしっくりくると思い、転載しました。

 国字に関しては、いろいろな定義がなされていますが、中には通常なら国訓とされるものを、国字とするものまであります。

 私は、日本で日本人が作った漢字体の文字を、国字とする立場に立ちます。

 言い換えれば、純日本製漢字を国字とするということである。

 日本人が日本で作ったが、たまたま中国などに同じ字形があったという場合は、純日本製と考えて国字だなどという詭弁は、認めません。

 中国などにその字があることをその字の作字者が知らなかったかどうかは、確認のしようもありません。

 そのような字は、いろいろなケースを含めて、国訓とすべきであることは、何度も述べたので、繰り返しません。

 中国などに同じ字形がない場合で、作字者が外国人でない場合のみ国字とするということです。

 たとえば、「国構えに書」は、日本で作られましたが、日本滞在中の中国人が作ったことがわかっており、国字ではありません。

 ただ、国外や植民地で日本人が作った場合は、検討の余地があろうかと思います。



86位です。クリックして応援してください。
人気blogランキング


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
四国15位です。1位から3位・6位・7位・9位から11位なども私のブログです。


 9月に1,324アクセス、10月に1,458アクセス、11月は2,560アクセス、12月は2,893アクセス、1月は2,576アクセスでした。2月は10日現在で、807アクセス(最終をとっていません)、3月は2,665アクセス、4月は2,310アクセス、5月は2,398アクセス、6月は2320アクセス、7月は2,602アクセス、8月は1,842アクセスでした。ご訪問を感謝します。

| jitenfeti3 | 国字について | comments(12) | - |
《37》国字について発言するのなら最低限この程度は
ランキングは、3月17日現在です。

初めての1位〜12位完全制覇は、崩れましたが、2位から8位は私のブログです。ご訪問・応援を感謝します。
  です。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛県です。

101位です。クリックして、応援いただけると幸いです。
人気blogランキング
9位の「名まえ漢字と名付けお助けブログ」も私のブログです。


1位non四字熟語のブログ、2位の名前漢字と名付けお助けブログなど14位までのすべてが私のブログです。

 私の掲示板やブログに、国字について教えて欲しいという書き込みをされる方にまで、国字に関する漢和辞典以上の知識は求めない。

 しかし、積極的な発言をされる方には、最低限の知識のレベルは、要求したい。

 国字についての質問ではなく、自分の意見を述べるレベルの方には、これは最低限だという内容を示すということである。

 やはり、『国字の字典』や『日本人の作った漢字』レベルは、知っているだけじゃなく、キチンと読んでいるレベル、最低でも、そのレベルの方じゃないと、まともな議論にならない。
 
 出来れば、この程度は、入門書として、通り過ぎて、『国字の位相と展開』レベルをやもうとしているかただともっとありがたい。

 単なる質問者じゃないのに、このレベルを知らないといって欲しくないということだ。



101位です。クリックして応援してください。
人気blogランキング


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
四国7位です。2位から4位・7位から10位なども私のブログです。

 9月に1,324アクセス、10月に1,458アクセス、11月は2,560アクセス、12月は2,893アクセス、1月は2,576アクセスでした。2月は10日現在で、807アクセス(最終をとっていません)、3月は2,665アクセス、4月は2,310アクセス、5月は、21日現在で、1,537アクセスです。ご訪問を感謝します。

| jitenfeti3 | 国字について | comments(1) | - |
《36》「和製漢字の辞典」に意味の解説が少ないといわれる方に
ランキングは、3月17日現在です。

初めての1位〜12位完全制覇は、崩れましたが、2位以上独占です。ご訪問・応援を感謝します。
  です。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛県です。1位・2位・6位・7位・10位〜13位なども私のブログです。

82位です。クリックして、応援いただけると幸いです。
人気blogランキング
15位の「名まえ漢字と名付けお助けブログ」も私のブログです。


1位non四字熟語のブログ、2位の字源と漢和辞典のブログも私のブログです。

 古辞書などを典拠にしているものが多いので、古語の意味が分からないと解説のしようがない。

 古語の意味が分かるとしても、同訓もしくは同音異義語を区別できない場合が多い。

 三省堂・角川・小学館の古語の大辞典を使っても意味の分かる古語は、10万程度に過ぎない。

 古語辞典の編者が、「いたずらに語彙数の多さを誇るより開設の質を高めたい」というのも分かるが、そのような辞典ばかりなので、古語について素人である私には、国字の読みとして集めた古語の意味が分からないというのも事実である。
 
 多くの人に質問されているのだが、わからないとしか答えようがなく、一般論を書いた次第である。



82位です。クリックして応援してください。
人気blogランキング


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
四国5位です。1位〜4位・8位・10位・12位・13位・17位なども私のブログです。

 9月に1,324アクセス、10月に1,458アクセス、11月は2,560アクセス、12月は、2,893アクセス、1月は、2,576アクセスでした。今月は10日現在で、807アクセスです。ご訪問を感謝します。

| jitenfeti3 | 国字について | comments(0) | - |
《33》音義未詳字を国字とすることができるか
初めての1位〜12位完全制覇は、崩れましたが、2位以上独占です。ご訪問・応援を感謝します。
  です。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛県です。1位・2位・4位・6位・10位〜13位・15位なども私のブログです。

78位です。クリックして、応援いただけると幸いです。
人気blogランキング
10位の「名まえ漢字と名付けお助けブログ」も私のブログです。

 結論から言うと、特定の場合には、可能である。

 漢字の中には、字があることはわかっているが、読みも意味もわからない字も少なくない。

 そのような字のうち、きちんとした用例がある場合で、漢籍などには見られず、日本にだけあるというケースがそれにあたる。

 もちろん、中国などで失われたものが日本に残ったというものはだめである。

 なぜこのようなことを記事にしたのかというと、『全訳漢辞海』に音義未詳としながら、国字とする字があるからである。

 私は、古漢語辞典の性格が強い漢和辞典の中で1・2を争うレベルだと考え、この漢和辞典をたびたび推薦しているが、ときたま、このような首をかしげるような内容がある。

 国字だというのであれば、日本にしか存在しないか、日本で先にできている必要がある。

 それにもかかわらず、音義未詳とするだけで、その用例があるか否かも書いていない。

 おそらく、JIS漢字にあるからと、親字として取り上げたが、音義ともわからない、日中ともに用例を見つけられないということではないのだろうか。

 それなら、国字などと書いて混乱を招くべきでないと思う。

 このような字の例については、字源と漢和辞典のブログの今日の記事で取り上げる予定であるので、興味のある方は、そちらを見ていただきたい。



78位です。クリックして応援してください。
人気blogランキング


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
四国7位です。1位・2位・4位・5位・10位〜13位・なども私のブログです。

 9月に1,324アクセス、10月に1,458アクセス、11月は2,560アクセス、12月は、2,893アクセス、1月は、2,576アクセスでした。今月は9日現在で、664アクセスです。ご訪問を感謝します。

| jitenfeti3 | 国字について | comments(0) | - |
《32》半国字という言葉
初めての1位〜12位完全制覇は、崩れましたが、3位以上独占です。ご訪問・応援を感謝します。
  です。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛県です。1位〜3位・5位〜8位・12位・14位なども私のブログです。

59位です。クリックして、応援いただけると幸いです。
人気blogランキング
6位の「名まえ漢字と名付けお助けブログ」も私のブログです。

 『学研新漢和大字典』・『漢字源改訂第四版』などの編者、加納喜光氏が作った用語。

 他の書籍にも出ているのかもしれないが、私が見たのは、同氏が書いた『動植物の漢字がわかる本』である。

 よって、その本によってこの言葉を考えてみることにする。

 この本の「知っておきたい基本用語」という凡例のようなところに、「【半国字】日本で作られたということでは国字だが、中国にすでに存在していて、かち合ってしまったものを半国字と呼ぶ。」とある。

 この用語と次の国訓の違いがわかるであろうか。

 同じく基本用語に、「【国訓】漢字の読みのうち、音(中国語由来)に対して、日本語由来の読みを訓というが、その訓が漢字本来の意味ではなく、勝手に(間違って)日本人が与えた場合を国訓という。」とある。

 それでは、みなさん「椿」は、どちらだと思いますか。

 加納先生は、「半国字」だといわれています。

 私には、同じ事象を文字の字形から「半国字」、意味から「国訓」といっているのに過ぎないように思えます。

 そして、文字である以上、半分国字などという言い方はできないものと考えられますから、この用語はおかしく、国訓に統一すべきだと思います。

 国訓については、シテンフェチの漢字ブblogの記事「《6》なぜ国訓という概念を導入するか」を見ていただきたい。



59位です。クリックして応援してください。
人気blogランキング


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
四国9位です。1位〜3位・4位〜8位・10位・13位・なども私のブログです。

 9月に1,324アクセス、10月に1,458アクセス、11月は2,560アクセス、12月は、2,893アクセスでした。今月は26日現在で、2,109アクセスです。ご訪問を感謝します。

| jitenfeti3 | 国字について | comments(0) | - |
《27》K-1グランプリをプロモートしたい
初めての1位〜12位完全制覇です。ご訪問・応援を感謝します。
  です。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
四国6です。1位〜5位・7位〜12位も私のブログです。

68位です。クリックして、応援いただけると幸いです。
人気blogランキング
7位の「名まえ漢字と名付けお助けブログ」・38位の「字源と漢和辞典のブログ」も私のブログです。

 と言っても、「空手、キックボクシング」などの「K」ではない。

 「国字・漢字・検定」などの「K」である。

 私が改訂意見を述べた『学研新漢和大字典』や今月12日発行の『漢字源』は、まだまともであるが、他の漢和辞典は、学研のものも含め、国字に関しては、満足できるレベルに程遠い。

 それで「国字と漢字を峻別する能力を検定する」という意味のK-1グランプリである。

 審判長を私が勤め、大会委員長を私が師と仰ぐ国字研究の第一人者の大学教員にしていただくという夢のグランプリである。

 テレビでやられることのある素人漢字能力日本一選手権の国字版である。

 もとより、実現の可能性のない空想の産物であることは、言うまでもない。



クリックして応援してください。
人気blogランキング


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛県6位です。1位〜5位・7位・8位〜12位・14位位も私のブログです。

 9月に1,324アクセス、10月に1,458アクセス、11月は2,560アクセスでした。今月は8日現在で、660アクセスです。ご訪問を感謝します。

| jitenfeti3 | 国字について | comments(0) | - |
《26》国字のいただけない解説

41位です。クリックして、応援いただけると幸いです。
人気blogランキング
7位の「名まえ漢字と名付けお助けブログ」・19位の「字源と漢和辞典のブログ」も私のブログです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛県6位です。2位・4位〜11位・15位・17位も私のブログです。


 東京堂から出ている『日本語事典』は、素人向けの日本語の事典としては、そこそこ良いものではないかと思っていた。

 「国字」の項目を読むまではのことである。

 最初に、「漢字の構成原理を模倣して、日本で作った字」とある。

 一見よさそうに見えるが、誤字・俗字の部類であったものが、元の字とは音義を異にして国字と言われるようになった字が含まれないことになってしまう。たとえば「杁」である。

 「『新選字鏡』には、約四百の国字が収められている」と書いてあるのは、「小学篇字」の字のことだと思われるが、まともな国字研究者で、あのほとんど全てが国字であるなどといっている人はいない。

 「各時代を通しての造字は、おびただしい数に上ることが推定されるが、現在普通に使用されるものはそれほど多くない。」と言うが、JIS漢字内だけでも、それ相当の数の国字があり、それ以外にも人名・地名として公的に使われる国字は少なくない。

 「常用漢字では、「込・峠・畑・塀・搾・働・枠」の七字である。」とするが、「搾」は、明らかに漢字であり、「塀・働」も疑わしい。

 「俥」が国字でないことを知らない人は多いが、「柾・膣」を国字とするのは情けない。

 「「偲(しのぶ)」「鮎(あゆ)」など、中国に同じ漢字は存在するが、全く意味の異なる訓を与えているものがある。これらは誤用によるものか、それとは独立に作られた国字であるかの判定が問題となる。」とあるが、そのようなものを国字と認定するようなことになれば、新井白石の時代より国字の研究水準が下ということになる。

 こんなことをすれば、「一」に「ちへいせん」という訓を与えて、国字とするようなものであることがわからないのであろうか。



クリックして応援してください。
人気blogランキング


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
四国5位です。1位・3位〜7位・9位・11位・14位・16位も私のブログです。

 9月に1,324アクセス、10月に1,458アクセスであったものが、今月は24日現在で、すでに1,890アクセスです。ご訪問を感謝します。

| jitenfeti3 | 国字について | comments(0) | - |
《23》女真文字をご存知ですか

41位です。クリックして、応援いただけると幸いです。
人気blogランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛県13位です。2位〜6位・9位・10位・15位・16位・19位も私のブログです。


 女真文字は、金や清王朝を作った女真族が、漢字に倣って作り、1119年に公布した文字です。

 「凩」に似た字があることは、「和製漢字の辞典」にも書きましたので、ご存知の方もいるかもしれませんね。

 この他に「4」をあらわす「土の下に卜」と書く字は、『国字の字典』が「ます」と読む国字としている字と同じ形です。

 女真文字と同様に、構成法などを漢字に倣って作られた字に、契丹大字・契丹小字・西夏文字・字喃(チュノム:ベトナム漢字)等があり、これらを総称して、疑似漢字と言います。

 ところで、もっと大事な疑似漢字がもれていることに気づかれましたか。

 そうです、日本の国字(和製漢字)です。

 国字の研究にあたって、これらの疑似漢字のことも頭の片隅には、おく必要があるため、今日取り上げたのです。

 それで、先にあげた女真文字以外に、国字と字形が一致するものを少しばかりあげておきます。

 字喃は、「和製漢字の辞典」でも幾つか触れていますが、国字の代表のような「畑」と同形のものもあります。

 また、契丹小字の「10」は、「辻」の異体字「会の云を七」に代えた字と同形です。



クリックして応援してください。
人気blogランキング


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
四国11位です。1位〜5位・8位・14位・16位・19位も私のブログです。

| jitenfeti3 | 国字について | comments(0) | - |
(18)国字の定義
 素人むきの国字のブログという考えなので、あまりがっちりした定義めいたことを書かずに、こんなことだろうと感じ取っていただくのでいいかなと思っていたので、あえて定義を書かなかった。

 しかし、このブログを見ていただいている方の中に、書くようにといわれる方もあるので、あまり硬くならない程度に書いてみようと思う。

 ここで言う国字は、日本人が漢字に倣って作った漢字体の文字ということである。

 その他色々な場合に国字という用語を使うのだが、そういった場合を含めての定義は、私のホームページ「日本語を読むための漢字辞典」を見ていただきたい。

 このブログでの国字の用法は、他の場合の用法は、含まないので、ここの話にも取り上げない。

 では、日本人が作った漢字ならすべて国字と言えるだろうか。

 そうだとする立場の方もいるにはいるのだが、その説は、ここでは採用しない。

 例えば「椿」は、「春の木」ということで、日本人が「つばき」のいに作ったと言われるが、中国では、「ちゃんちん」という木の名前などに既に使っていた。

 このような字を国字とすると、「沖(おき)」・「森(もり)」なども国字としなければならなくなる。漢和辞典を見るまでもなく、国訓と言って、既にある漢字に日本人が新たな意味を付け加えたことをあらわす用語がある。

 実は、日本人が作ったが中国などにある漢字の字形と一致してしまったという場合と、中国などにあることが分かっているが、意味を追加するのに都合がいい字なのでそうしたと言う場合の区別が付かない場合が多いのである。

 これを別の視点から言うと、同じ漢字を作っても既にあることを知っている人が作ると国訓、漢字にあることを知らない不勉強な人が作ると国字ということになってしまうと、理論的整合性が取れないと言うことになる。

 よって、第一段階として、それまでの漢字圏諸国のいずれにも同形の文字がなかったもので、日本人が漢字に倣って作った漢字体の文字ということにしたい。

 現実には、異体字・方言文字・個人文字の問題があるが、難しくなるので、後日別の話題とすることにする。

 なお、この日本人が作った漢字体の文字という意味での国字という用語を、和製漢字という場合があるが、この場合も広義にとらえるか狭義にとらえるかという問題はある。

 私の場合、国字は最狭義に、和製漢字は、その場合よりやや広義に使っている。




 ランキングに参加しました。クリックして応援してください。
人気ホームページランキング
1位も私のブログです。あわせて見ていただければ、幸いです。



こちらもクリックして応援してください。
人気blogランキング

| jitenfeti3 | 国字について | comments(0) | - |
Pagerank/ページランク
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ