blog index

国字と異体字のブログ(ブログ 和製漢字の辞典JUGEM別館)

 yaplogで作ったが、2,000字制限にかかり不便であるため、こちらに移行することにした。

 元となった「和製漢字の辞典」は、最大の国字の辞典として、知るひとぞ知る存在で、累計約150万アクセスあるが、5年以上改訂しておらず、かつ素人向きではないので、ブログ化し、素人向きにしたものである。

 なお、yaplogとの差別化のため、異体字も取り扱うこととした。
<< 《30》漢和辞典において最も改善が必要なこと | main | 《32》半国字という言葉 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
《31》「叺」が国字って、本当
初めての1位〜12位完全制覇は、崩れましたが、9位以上独占です。ご訪問・応援を感謝します。
  です。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛県です。1位〜7位・9位・11位・13位・16位も私のブログです。

48位です。クリックして、応援いただけると幸いです。
人気blogランキング
6位の「名まえ漢字と名付けお助けブログ」・26位の「字源と漢和辞典のブログ」も私のブログです。

 皆さんがもたれている漢和辞典のほとんどに「国字 かます」と載っているのじゃないでしょうか。

 『字彙補』に載っており、『漢語大字典』にも他典拠を含めて、反切を示しています。

 だから絶対国字でないとは言い切れませんが、中国で義が失われているので、その義が日本に残ったのではないということも言えないわけでなかなか難しいのです。

 しかし、このことを知っているはずの『全訳漢辞海』の編者の方は、このことに何もふれず、国字としています。

 私は、このことを『全訳漢辞海』の編集部にお知らせしましたが、第二版でもなんら改善されていません。

 初版の読者のうち、このことに気がついたのは、私だけだったのでしょうか。

 それにしても、『漢語大字典』・『漢語大詞典』を参照して定稿を作ったとする同辞典が、『漢語大字典』にあることを無視するのは、いかがなものでしょうか。

 少なくとも、「『漢語大字典』にあるが、日本の典拠のほうが古く、国字であると考えられる。」ぐらいの参考注記をつけられなかったのでしょうか。

 そんなことを言っていると、お前が改訂意見を出したという、『漢字源改訂第四版』燃そうじゃないかと、お叱りを受けそうなので、現在第3刷用に再度訂正をお願いする資料をまとめ中で、その中に入れているということだけ付け加えておきます。



48位です。クリックして応援してください。
人気blogランキング


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
四国8位です。1位〜7位・9位・11位・15位・18位も私のブログです。

 9月に1,324アクセス、10月に1,458アクセス、11月は2,560アクセス、12月は、2,893アクセスでした。今月は7日現在で、558アクセスです。ご訪問を感謝します。

| jitenfeti3 | 部首3画 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする


Pagerank/ページランク
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

bolg index このページの先頭へ